Our Stories

人と人が繋がる“場”を創る ―
130年の歴史を持つドイツ老舗企業がカフェに込めた想い

ボッシュは、ドイツに本社を構える企業で、モビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、エネルギー・ビルディングテクノロジー、消費財の4つのビジネスセクターで事業を展開しています。私たちが2015年に始めたのが本社1階玄関口にあるカフェ&ショールーム。テーマは「ボッシュの歴史、現在と未来」です。今回は、このカフェの発起人、ボッシュ株式会社 コーポレート・コミュニケーション部 GMの下山田淳に、カフェに込めた想いを伺いました。

ふと立ち寄った「ある場所」から、不意に湧いたインスピレーション

いまでこそ、café 1886 at Boschとショールームがあるボッシュ・ジャパン本社1階玄関口。ほんの数年前まで、ここは殺風景なミーティングスペースでした。イスと机が置いてあり、その傍にボッシュの企業紹介が置いてあるだけ。そんな何の変哲もないスペースでした。

下山田がボッシュに入社したのは2013年。当初、この玄関を見て「暗くて冷たい」と感じていました。

コーポレート・コミュニケーションの責任者となった下山田は、まずはボッシュのスピリットを学ぶべく、ドイツのボッシュ本社に行くことになり、そのとき、当時の社長から出されたお題が「日本におけるボッシュの知名度の低さを改善せよ」という難しい課題でした。

下山田「ドイツに行ったら、ボッシュってすごい会社だなってビックリしたんですよ。ドイツ人らしい真面目さで130年以上かけて築いてきた歴史があって、お年寄りから子どもまでみんながボッシュのことを知っている。そのわりに、日本におけるボッシュの見せ方ってあまりにも寂しいな、悲しいなって思いました。」

どうすれば、日本人にもっとボッシュを知ってもらえるのか。ドイツ滞在期間中、会議に会議を重ねました。連日の会議に疲れ切っていたあるとき、ボッシュの歴史資料館「アーカイブ」に立ち寄りました。

その一角にあった1900年代初頭に存在していたボッシュの小売店のレプリカの前に立ったとき、なぜか「あー疲れた、コーヒー飲みたい!」と思ったのです。その瞬間「おお、これだ!」とひらめきました。

下山田「この小売店のレプリカの雰囲気を、渋谷の本社に持ち込んだらどうだろうって。そしたら、ボッシュの歴史やドイツの雰囲気を伝えることができると思ったんです。」

日本に戻った下山田は、さっそくこのプロジェクトを実現すべく、走り出しました。


ボッシュの原風景とアイデアを共有し、日本の名だたるクリエイターたちと共創する

下山田の頭の中には、すでにいまのカフェのビジョンが浮かんでいました。「これを実現するにはボッシュの理念に共感するその道のクリエイターたちが必要だ。」そう考えた下山田は、まず一流のクリエイターたちを口説き落として集めました。

次に必要なのは、カフェのビジョンを彼らと共有する術。口で説明するだけでは、うまく伝わらないのは明白です。

「一緒に同じ風景を見ればいい」そう考えた下山田は、このカフェをつくるために集まったクリエイターたちを引き連れ、1週間ドイツに行くことにしました。

下山田「ドイツは、北と南でまったく文化が違うんです。北のベルリンがどちらかと言えば先進的なのに対し、ボッシュの故郷である南のシュトゥットガルトは総じて保守的で、古き良き文化や風景が人々の日常にとけ込んでいます。文化的側面からその両方を見て知ってもらったうえで、一緒にカフェをつくりあげたいと思ったんです。」

ボッシュの歴史資料館「アーカイブ」に行ったのはもちろん、あらゆるカフェやバーを巡り、内装や運営スタイルを研究し、これでもかと食事をしました。道中は自らの知見を生かし、ツアーガイドのごとくドイツを解説。ボッシュの歴史だけでなく、ドイツのカルチャーを知ってもらうことも重要です。

こうして、メンバー全員と同じイメージを共有し、つくりあげたのが「café 1886 at Bosch」。現地のドイツ人にもボッシュの歴史をリアルに感じられる場所となりました。


ボッシュの歴史と、日本人の大切にしてきたモノづくり精神が宿ったカフェ

カフェとショールームを併設していますが、それぞれテーマが異なります。カフェは「ボッシュの歴史」、ショールームは「ボッシュの現在、未来」です。空間全体で「過去から現在、未来まで」を表現しています。二つの空間の間の床はよく見るとぼかされており、過去と未来の移り変わりが表現されています。

誠実に日々を重ね、丁寧に積み重ねてきた歴史こそが、誰にも真似できないボッシュの貴重な財産。ドイツ語のことわざに「Ohne Herkunft, keine Zukunft(過去なくして、未来なし)」という言葉があります。ドイツも日本も、もともと歴史を尊ぶ文化があるので、歴史をテーマにすることで伝わる想いがあると考えました。

だからこそ、ボッシュがいままでつくってきた歴史的な製品を軌跡としてインテリアや展示として置き、ドイツのボッシュ創業時に使われていた作業台にインスパイアされて作った長机には、万力のハンドルをつけるなど遊び心を演出しています。

とは言え、歴史だけを重んじているわけではありません。いま生きている人たちが使いやすいように、という工夫も凝らしています。

たとえば、渋谷に多いノマドワーカーが使いやすいようにと、ひとりでも滞在しやすいカウンター席を用意し、そこにはライトとコンセントを設置しました。フリーWiFiも用意しています。

下山田「もう一つカフェで示したかったことがあります。それが日本のプライドやアイデンティティ。匠の技。時間内にビシッと設計図通りのものを作ってしまう日本の大工さんによる造作もそうだし、食に対するこだわりもそう。海外に行ったことがある人はわかると思うけど、日本ほど安く早く安全で衛生的で、しかもおいしいご飯が食べられる国ってなかなかないんですよ。アジアと言えば、とかく中国に関心が集まる中で、世界にいるボッシュの従業員に対しても、こうした日本の持つ強みを発信したかったんです。」

だからこそ、建築は窪田茂さんに、料理の監修は肉料理の本場ドイツの味を伝えるために、肉シェフとして知られる和知徹さんに、コーヒーは本当においしいコーヒーにこだわるTORIBA COFFEEに特別にブレンドしてもらうよう、各分野の一線で活躍するプロフェッショナルに依頼しました。

ボッシュのこれまでの歴史や日本ならではのこだわりを詰め込んだカフェが、この「café 1886 at Bosch」を形作っています。


ライフスタイルに寄り添う、様々なコミュニティーや企業、地域を繋げる “場”でありたい

社内では、このカフェとショールームを含めた空間のことを「Bosch Platz(ボッシュ・プラッツ)」と呼んでいます。「Platz(プラッツ)」とは、ドイツ語で「広場」のこと。ヨーロッパの国々に点在する広場のようになって欲しいという願いを込めました。

広場には、人々の心の宿り木になる教会があり、政治的な役割を担う役所があり、憩いの場になるカフェがあり、生活を司るマーケットでは肉や野菜を売っています。そこには当然人々が集い、コミュニケーションが生まれ、多くのコミュニティへと発展していきます。

日本にも、「場の思想」というものがあります。実際に会って、話すことで対立を解消し、昇華するという考え方です。

下山田「デジタルな時代だからこそ、実際に会ってコミュニケーションできる場がつくりたかったんです。スマホだけで簡単にコンタクトできるからこそ会おうよって。たとえば就職とか今後のことで悩んでいる若者が、年上の先輩たちに相談できる場とかね。」

私たちは、渋谷区とS-SAP(渋谷ソーシャルアクションパートナーシップ)協定を結び、渋谷区が抱える様々な課題に取り組んでいます。その一環で、渋谷をテーマとしたまちづくりに関するMeetupイベントをこのカフェで毎月開催しています。

下山田「あとね、社内イベントも増えました。内定式のあとのパーティをここでやったり。社内のアイデアを事業化するためのピッチイベントもここで開催しました。そうそう、社長や副社長は、よくここで外部の方とミーティングしてますよ。『ボッシュのカフェいいね!』って言われるのが嬉しいみたい(笑)。」

どんなに時代が流れても、人は実際に顔を合わせるコミュニケーションを取ることで、関係をより深めたり、新たな関係を構築したりできるものです。

ヨーロッパに点在する広場のように、人と人が会ってお喋りしたり、ひとりでただただ時間を過ごしたり。ある人にとっては、たまたま立ち寄った場所であり、ある人にとってはライフラインのように欠かせない場所。そんな場所にcafé 1886 at Boschは在り続けたいと思っています。


ページトップ